引越しで起きたトラブルに対処可能な保険がある事を知っておこう!

 

実績のある大手の引越し業者に依頼したとしても、事故を100%の確率で防げるとは限りません。

 

もしも運搬中の家財に破損や紛失といった事故が起きてしまった場合には「運送業者貨物賠償責任保険」を適用することで最大1,000万円までの保障を受けることができます。

 

 

こちらは、作業員のミスなど業者の過失によって家財が損傷してしまったり、紛失してしまった場合に保障を受けられるという内容になっています。

 

現在営業を行っている引越し業者の大半が加入している保険であり、契約時に特別な手続きを取ることなく有事の際には自動的に適用されます。

 

また確認事項として、

  • 貴重品の損傷や紛失(報告を行わずまた業者が了承していなかった場合)
  • 梱包不良が原因による破損や紛失(自身で梱包した段ボールの底抜けなど)、
  • 引越し業者に過失が無い形での事故が原因の損傷や紛失

には保険が適用されません。

 

あくまでも業者側のミスによって生じたトラブルに対する補償が受けられる保険であり、依頼した本人や家族が引越しの作業中にミスを起こして破損・紛失といったトラブルを招いた場合には適用されません。

 

また、保証期間は荷物搬入日より3ヶ月以内と定められております。

 

可能であれば搬入日から遅くとも翌日までには荷物をチェックし破損や紛失があれば連絡を入れましょう。

 

※連絡が遅くなれば責任の所在が分からなくなります。

 

段ボール数の確認(段ボールには搬出前に番号を打っておく)、家具や建物に傷がないか、家電品の動作確認を行って下さい。

 

どうしても業者以外のミスが不安という場合には「引越荷物運送保険」に事前に加入しておきましょう。

 

引越荷物運送保険では、運送業者貨物賠償責任保険の対象とならない貴重品や美術品も保証の対象とすることができ、運搬中に自らのミスで家財を傷付けてしまった場合にも保障を受けることができます

 

10,000~20,000円前後の掛け金で引越荷物運送保険に加入することができるので、気になる場合には引越し業者の見積もり時に担当者に対して保険に加入する旨を伝え、保険料や補償内容の詳しい説明を受けてください。